ミニベロ迷走記

折りたたみ自転車に乗って、輪行やポタリング。さて、どこに向かっているのやら(笑)

キセキ食堂〜CAFE 803〜越谷レイクタウンぶらり旅

 今日はBoardwalkで、埼玉までランチとカフェに行ってきました。まずは、国道4号を北上し、埼玉県に突入。

f:id:yukovelo:20201027173620j:plain:w300

 草加ICを過ぎたら、国道4号を西側にそれて、浦和美園方面へ。当初はそこから国道122号(岩槻街道)に入る予定でしたが、複数の人から「自転車で走りにくい」と教えて頂いたため、国道122号と元荒川の間の適当な道を岩槻方面に北上。

f:id:yukovelo:20201027174203j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027174205j:plain:w300

 そして、本日の目的地であるキセキ食堂岩槻店(34.51km地点)に到着。前にキセキ食堂上尾店に行ったことがありますが、岩槻店は初めてです。事前に予約をしてきたので、スムーズに入店し、キセキカツ定食を注文。低温調理した豚肉は、非常に柔らかくて、激ウマ。大満足です。

f:id:yukovelo:20201027174931j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027174935j:plain:w300

 ランチ後は、腹ごなしもかねて、元荒川沿いを南下。

f:id:yukovelo:20201027175203j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175207j:plain:w300

 そのまま越谷市に入り、越谷駅まで走ります。恐らく、越谷に来たのは初めてだと思います。

f:id:yukovelo:20201027175423j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175428j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175433j:plain:w300

 越谷に立ち寄ったのは、たまたま昨日、越谷にはサイクルカフェが多いと知ったから*1。どのカフェに行こうか迷いましたが、今回は、駅近くのCAFE 803(51.48km地点)をチョイス。かぼちゃのチーズケーキと、アールグレイを注文しました。お手頃な価格が嬉しいです。

f:id:yukovelo:20201027175902j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175913j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175919j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027175924j:plain:w300

 カフェを出たら、何となくレイクタウンの方へ。本当に「レイク」があるんですね(今更)

f:id:yukovelo:20201027180042j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027180045j:plain:w300

 レイクタウンでは、ワイズロードを覗いてみました。秋冬物のサイクルウェアのセールをやっていました。

f:id:yukovelo:20201027180229j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027180235j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027180240j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027180244j:plain:w300

 越谷から輪行で帰るという選択肢もありましたが、やや栄養を摂り過ぎた気がするので、自走で帰ることに(苦笑) ただ、国道4号を走るのは面白くないので、国道4号と中川の間の真っ直ぐそうな道を適当に繋いで、荒川まで南下。途中で矢立橋のところを通った以外は、全て初見の道。知らない街を走るのは楽しいですね。

f:id:yukovelo:20201027180707j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201027180723j:plain:w300

 本日の走行距離は、77.23kmでした。ちなみに、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:正確には、「サイクルラックのあるカフェ」という気もしますが。

尾根幹・多摩川CRポタリング

 今日は、Bromptonで尾根幹を走ってみました。実は尾根幹*1を走るのは初めてで、今まで正確な位置を知らなかったのですが、ツール・ドのアプリに「尾根幹・多摩サイ50km 多摩地域2大サイクリングロード体験ルート」というコースがあることを発見したので、今回はこのコースで走ってみることに。
 自宅から矢野口駅までは約30kmですが、最短ルートである甲州街道は走り飽きていますし、何気に昨日200km以上走ったので、今日は調布駅まで輪行し、そこから矢野口に自走することにします。

f:id:yukovelo:20200929204520j:plain:w300

 矢野口に到着したら、とりあえず、すぐ近くにあるローソン稲城鶴川街道店(通称ヤノロー)へ。遅めの朝食として、おにぎりを2つ摂取。

f:id:yukovelo:20200929204843j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929204845j:plain:w300

 空腹を満たしたら、道路の反対側に渡り、コースのスタート地点(兼ゴール地点)であるCROSS COFFEEへ。コーヒーを飲みたいところですが、それはゴール後の楽しみとします。

f:id:yukovelo:20200929205053j:plain:w300

 スタート後は、アプリのGPSに従って、都道19号(南多摩尾根幹線道路)を走っていきます。噂通り、適度なアップダウンが続くので、近くに住んでいるサイクリストのトレーニングには持ってこいですね(うちからは微妙に遠いですが。。。) ただ、市街地なので、それなりの交通量があり、景色が良い訳でもないので、トレーニング目的でストイックに走る人向けという印象。

f:id:yukovelo:20200929205452j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929205534j:plain:w300

 今回のコースは、そのまま尾根幹を直進するのではなく、ところどころ寄り道をするようです*2。最初は南側に逸れて、鎌倉街道をいったん南下し、小野路宿里山交流館へ。

f:id:yukovelo:20200929210618j:plain:w300

 サクッとチェックインを済ませたら、次のチェックポイントであるパンステージ・エピソードへ。良さげなパン屋さんだったので、カレーパンとスイートポテトパンを購入し、イートインスペースで休憩。美味しかったです*3

f:id:yukovelo:20200929211009j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929211013j:plain:w300

 食後は、日大三高の脇から大妻女子大のところまで登っていくコース。坂そのものよりも、「え、ここはどこ? 東京??」という景色に若干驚きました(苦笑)

f:id:yukovelo:20200929211256j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929211300j:plain:w300

 大妻女子大のところから尾根幹に復帰。道の名前が都道158号に変わっていますね。

f:id:yukovelo:20200929211625j:plain:w300

 そして、尾根幹の終点(?)の少し手前で、南大沢方面に北上し、高幡不動方面に向かいます。このあたり、1つ1つは大したことがないのですが、市街地の坂が連続。語弊があるとは思いますが、景色の良くない伊豆いちのようです(苦笑)

f:id:yukovelo:20200929212500j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929212507j:plain:w300

 ただ、多摩動物公園駅のあたりから、モノレールの下を走るのは楽しかったです。

f:id:yukovelo:20200929212702j:plain:w300

 高幡不動尊金剛寺までたどり着くと、アップダウンは終わり。余談ですが、東京の西の方は新撰組アピールが強過ぎる気がします(個人の感想です/笑)

f:id:yukovelo:20200929213220j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929213223j:plain:w300

 その後は、浅川CRと多摩川CRの平坦ルート。川沿いを軽く流して、最後のチェックポイントである府中郷土の森観光物産館へ。

f:id:yukovelo:20200929213532j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929213538j:plain:w300

 約50kmのコースを走り終えて、CROSS COFFEEにゴール。ご褒美のドリップコーヒーとガトーショコラを注文。運動後のスイーツは最高ですね。

f:id:yukovelo:20200929214352j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929214402j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200929214408j:plain:w300

 そのあとは四ツ谷まで自走して、そこから輪行して帰りました*4。本日の走行距離は、79.80kmでした。
 ちなみに、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。最後になりましたが、今回のコースを作ってくださった方々に感謝いたします。

*1:正式名称は、南多摩尾根幹線道路だそうです。

*2:コースの詳細は、こちらを参照。

*3:特に、カレーパンがカリカリで、様々な野菜の具が入っていて、かなりのクオリティでした。

*4:本当は最後まで自走するつもりでしたが、四ツ谷で日が暮れて、フロントライトが充電されていないことが発覚したので(笑)

伊豆半島一周

 今日は、Speed Falcoで、サイクルボールの伊豆いちコースを走りました。まずは、田京駅まで輪行し、未明にスタート地点のMERIDA X BASEへ。真っ暗だったこともあり、施設内のどこにあるのか、最初分かりませんでした*1

f:id:yukovelo:20200920150026j:plain:w300

 最初のチェックポイントである伊豆高原駅まで、約33km。サイクルボールの最難関コースだけあって(?)チェックポイント間の距離が長めですね。アプリを起動すると、スタート直後にいったん国道414号から外れて、狩野川沿いの裏道を走るように指示されます。これは交通量の多い道を避けさせてやろうというコース作成者の親心なのだと思いますが、めちゃくちゃ暗い上に、舗装も微妙なので、ナイトライドでは要注意。

f:id:yukovelo:20200920150511j:plain:w300

 少し先で国道414号に戻り、そこから県道12号へ。さらに、冷川ICのところから県道59号でコース最高地点の鹿路庭峠まで登ります。標高544mなので、単体であれば恐るるに足りませんが、伊豆いちは山岳ロングなので、早めにインナーに落として、クルクルと登っていきます*2。この道も暗いです(伊豆の道は、基本的にどこも暗いです/苦笑) 目の前をタヌキやイタチがちょろちょろと横切っていきます。

f:id:yukovelo:20200920151042j:plain:w300

 鹿路庭峠をサクッとクリアしたら、伊豆高原駅に向けて、一気に下っていきます。その際、住宅地を抜けるコースがありますが、夜中だと細い曲がり道が分かりにくいので要注意。駅には江戸城築城石という大きな石があるはずなのですが、真っ暗で何も見えません(苦笑) とりあえず、駅前の駐車場で撮影とチェックイン。

f:id:yukovelo:20200920151330j:plain:w300

 伊豆高原駅から次のチェックポイントである稲取漁港直売所こらっしぇまでは約13km。ここでも交通量の多い国道135号ではなく、一本中側の道が指定されていて、暗いです。。。そして、周囲の茂みに獣の気配があり、鳴き声なども頻繁に聴こえます。念のために速度を落として走っていたら、やはり目の前を鹿が横切りました。距離にして1〜2mしかなかったので、危なかったです。。。(汗) そして、国道135号に出て、少し走ったところで、セブンイレブン伊豆稲取温泉口店にピットイン。セブンイレブンアールグレイが最近のお気に入りです*3

f:id:yukovelo:20200920152240j:plain:w300

 一息ついたら、すぐ近くのこらっしぇにチェックイン。港なので、夜明け前でも漁師さんをちらほら見かけました。

f:id:yukovelo:20200920152413j:plain:w300

 次のチェックポイントの河津桜観光交流館までは約15km。海沿いの道を、細かいアップダウンを繰り返しつつ、走っていきます。

f:id:yukovelo:20200920152656j:plain:w300

 次のチェックポイントの道の駅開国下田みなとまでは約16km。日中であれば海が綺麗に見える区間ですが、今日は暗いので、波の音だけ(笑) ただ、せっかく下田に来たので、ほんの少しだけ寄り道して、ペリー艦隊来航記念碑へ。ようやく空が白んできました。

f:id:yukovelo:20200920152910j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920164955j:plain:w300

 次のチェックポイントの道の駅下賀茂温泉湯の花までは約11km。まだやっていないので、すぐ近くのファミリーマート南伊豆日野店で補給。そろそろ補給ポイントが減ってくると思うので、このあたりでカレーを摂取。

f:id:yukovelo:20200920153820j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920153824j:plain:w300

 次のチェックポイントの石廊崎オーシャンパークまでは約12km。海沿いの県道16号は、景色が最高ですね。

f:id:yukovelo:20200920153928j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920153937j:plain:w300

 石廊崎オーシャンパークもまだ開いていませんでしたが、ゲートのところでチェックインができました。

f:id:yukovelo:20200920154235j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920154240j:plain:w300

 次のチェックポイントの道の駅花の三聖苑までは約40km。石廊崎から先は、ネバーエンディングアップダウン。ひたすら登りと下りを繰り返し、山山山、丘丘丘。。。伊豆の山が本気を出してくる区間で、脚をガンガン削られます。しかも、あまり海が見えません。。。そして、海が見えるところは、強い向かい風。踏んだり蹴ったり(苦笑)

f:id:yukovelo:20200920154824j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920154831j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920154842j:plain:w300

 「もう坂は飽きた」、「いい加減にしろ」なとど心の中で文句を言いつつ、何とか先に進みます。松崎の街が見えたときは、「翼よ!あれが松崎の灯だ」とテンションが上がりました(意味不明) まあ、道の駅花の三聖苑は、チェックインと撮影だけで、サクッと通り過ぎましたが(笑)

f:id:yukovelo:20200920155058j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920155150j:plain:w300

 さすがに少し疲れたので、セブンイレブン松崎町江奈店で小休止。本日2本目のアールグレイを飲んでいたら、トラックドライバーの人に話しかけられ、「その自転車で伊豆一周は無理でしょ」と言われました(苦笑) 

f:id:yukovelo:20200920155749j:plain:w300

 そのまま約10km先の加山雄三ミュージアム、その約20km先の土肥金山をチェックインだけで通過。まったくお金を落とさない系のサイクリストで申し訳ございません(苦笑)

f:id:yukovelo:20200920160334j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920160356j:plain:w300

 加山雄三ミュージアムと土肥金山の間は、わりと景色が良いです。今回は予想外に天気に恵まれて、富士山がはっきりと見えました*4。ただ、恋人岬という難所があります。ソロライドの場合、非常に立ち寄りにくいです(笑)

f:id:yukovelo:20200920161239j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920161233j:plain:w300

 土肥を出ると、すぐに旅人岬があります。「お、ここは立ち寄りやすいぞ」と思いましたが、よく見ると、オブジェが恋人っぽいので、遠目に撮影だけ。

f:id:yukovelo:20200920161959j:plain:w300

 土肥金山から次のチェックポイントである道の駅くるら戸田までは約18km。「伊豆いち最大の難所である石廊崎〜松崎を抜けたから、あとは余裕」と思っていたら、戸田の前後の山は結構やばいです(汗)*5

f:id:yukovelo:20200920161815j:plain:w300

 戸田の港に降りると、カニを売っているお店が多い印象。自転車でカニを買うのは無理ですし、海鮮丼を食べるという気分でもないので、そのまま道の駅くるら戸田にチェックイン*6。ここで見かけたトロボッチフライ丼を摂取。戸田港で獲れたメヒカリのフライ。「トロボッチ」、これはボッチでも食べやすいですね(笑) 孤独のトロ、、、いや、なんでもないです。

f:id:yukovelo:20200920162329j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920162334j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920162344j:plain:w300

 次のチェックポイントのNUMAZUサイクルステーション静浦東では約40km。最後の力を振り絞って山を2つ(?)越え、景色のよい展望台に立ち寄ったところ、地元のサイクリストの方と話が盛り上がってしまい、小一時間休憩*7。あとは、ほぼ平坦なので、アウターに戻して、30km/h以上で移動。最初、NUMAZUサイクルステーション静浦東が見つけられず*8、地元のおばあちゃんに訊いてしまいました。

f:id:yukovelo:20200920163014j:plain:w300

 最後に約7kmを走って、MERIDA X BASEにゴール。

f:id:yukovelo:20200920163207j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920163212j:plain:w300

 公式アプリで測定した今日の走行距離は、220.3km、獲得標高は4571m(!)でした*9

f:id:yukovelo:20200920162955j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200920164025j:plain:w300

 ちなみに、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。最後になりましたが、今回のコースを作ってくださった方々に感謝いたします。

*1:正面入り口に案内があるので、暗くなければすぐに分かります。あと、裏側の駐車場から施設に入ったのもよくなかったかも知れません。

*2:ちなみに、ここから戸田までインナーに入れっぱなしでした。平地は殆どないですし、下りは脚を止めて休んでいたので(笑)

*3:口がさっぱりするので、暑い時期のライドに最適。

*4:地元の人によると、今日の富士山は「あたり」だそうです。

*5:Ride with GPSの標高図を見ると、めっちゃ尖っています。。。

*6:無料の足湯がありましたが、家族連れで混んでいたので、スルー。

*7:年代物のクロモリロードに乗っていて、ミニベロの魔改造も好きという方でした。

*8:学校跡地の中にあって、校庭まで行かないと見えないので、少し分かりにくいです。

*9:Ride with GPSの獲得標高は多めに出るので、実際は4000mに届くか届かないかくらいではないかと思います。しかし、峠らしい峠が殆どないわりに、この獲得標高はすごいですね。どれだけアップダウンがあるんだという。。。

DAHONのマグネットを中華製に交換

 先日の福島遠征で、Boardwalkのマグネット(リア)を紛失してしまいました。DAHONのマグネットは補修用パーツとして購入できますが、わりといいお値段がします。。。そこで、中華製のマグネットと交換することに。ひとくちに「中華製のマグネット」と言っても、インターネットで調べてみると、何種類かあるようです。どれも数百円で大した値段ではないのですが(笑)、今回は安定の(?)litepro製品をチョイス。189円で、送料込みでも500円ほど。2週間ほどで届きました。

f:id:yukovelo:20200911154735j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200911154846j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200911154849j:plain:w300

 フロントとリアのセットですが、とりあえず、紛失したリアだけ交換*1。特に実用上の問題はなく、むしろ固定力(磁力)が純正のマグネットよりも強くて、いい感じ。

f:id:yukovelo:20200911155127j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200911155133j:plain:w300

 なお、今回のカスタムにあたって、特に参考になった記事は以下のとおりです。

*1:Speed Falcoのフロント側が傷ついているので、余ったフロント側をSpeed Falcoにつけてもよいかもしれません。

Bromptonのステッカー、ペダル、サドルを交換

 Bromptonは、微妙に不調なところがあるのですが、そろそろ秋に向けて復活させようと考えています。そこで(というほどでもありませんが)、ステッカー、ペダル、サドルを交換しました。

ステッカー

 まずは、非売品の素敵なステッカーを頂いたので、それをフレームに貼りました。それまで貼っていた純正ステッカー(黒)が少し傷ついていたので、ちょうどよいタイミングでした。

f:id:yukovelo:20200829155935j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829155945j:plain:w300

ペダル

 これまで軽量中華ペダルを2年ほど使ってきましたが、やはり踏み面が少し小さいので、自宅に余っていたMKSのペダルに交換しました。ただ、右側がCompactで、左側がCompact Ezyという組み合わせです(たまたま両方持っていたので) 両方ともCompactにすると折りたたみ時に左側を(工具なしで)外せなくなり、両方ともCompact Ezyにすると多少重くなります*1。以下はそれぞれ、軽量中華ペダル、Compact、Compact Ezy、CompactとCompact Ezyの組み合わせの重量。

f:id:yukovelo:20200829160300j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160310j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160314j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160321j:plain:w300

 この交換で129gの重量化となりましたが、乗り心地や剛性の面では、MKSの圧勝です。

f:id:yukovelo:20200829160442j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160447j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829161020j:plain:w300

サドル

 納車以来、Speed Falcoから外したfabricのサドルをつけていましたが、気分転換もかねて、TNIのLiteFlyカーボンサドルを取り寄せてみました。「ミニベロにショートノーズってどうなの?」と疑問に感じる面もなくはありませんでしたが、Bromptonへの装着事例もわりとあるようなので、試してみることに。この交換で119gの軽量化となり、ペダルで重くなった分をだいぶ取り戻しました。

f:id:yukovelo:20200829160949j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160936j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829160938j:plain:w300

 乗り心地ではfabricに負けるとは思いますが、普通に使えるレベルかどうか、しばらく試してみたいと思います。

f:id:yukovelo:20200829161358j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829161403j:plain:w300
f:id:yukovelo:20200829161408j:plain:w300

 なお、今回のカスタムにあたって、特に参考になった記事は以下のとおりです。

*1:余談ですが、BromptonDAHONでは、折りたたみ時に邪魔になるペダルが逆なので、両方持っている人は、CompactとCompact Ezyの組み合わせがオススメです。