ミニベロ迷走記

折りたたみ自転車に乗って、輪行やポタリング。さて、どこに向かっているのやら(笑)

富士山スカイライン(御殿場口・富士宮口)ぶらり旅

 今日は、(恐らく)梅雨入り前最後のヒルクライムとして、富士山スカイラインを走りました。この道も(自衛隊車両とバスがときどき通る以外は)殆ど人通りがないので、このご時世に走るのに良い気がします*1
 まずは、御殿場駅まで輪行で移動。富士山スカイラインは30km以上にわたって(ほぼ)無補給地帯なので、今回も補給食をあらかじめ持参。

f:id:yukovelo:20210611153052j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611153058j:plain:w300

 そして、駅前からゆるゆると登り始め、滝ヶ原駐屯地の脇からスカイラインへ。今日は、富士山がとても綺麗に見えます。

f:id:yukovelo:20210611153529j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611153537j:plain:w300

 5〜10%の勾配を淡々と登り、標高1000mを超えたところで、馬返しの標識を発見。あざみラインの記憶が甦って、一瞬ビビりますが、ここの斜度はそれほど苛烈ではありません。

f:id:yukovelo:20210611153942j:plain:w300

 御殿場駅から15kmほど登り続ると、標高1300mあたりで、富士宮口五合目(2400m)に向かう道と御殿場口五合目(1440m)に向かう道の分岐点に到着。

f:id:yukovelo:20210611154500j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611154508j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611154515j:plain:w300

 今日は、最終的には富士宮口まで登りますが、その前に御殿場口に寄っていきます。分岐点から御殿場口までは1.5kmほどですが、平均勾配が10%を超えるので、なかなかきついです。

f:id:yukovelo:20210611154804j:plain:w300

 何とか御殿場口に着いたら、そのままUターンして、分岐点まで一気に下ります。そして、太郎坊洞門を抜けて、富士宮口を目指します。ここから2回ほど(?)ちょっとした下りが入ります。また、路面にところどころ、ひび割れや穴があります*2

f:id:yukovelo:20210611155202j:plain:w300

 太郎坊洞門から4kmほど進むと、スカイライン唯一の補給ポイント森の駅富士山があります。駅自体は現在閉鎖中ですが、自動販売機と公衆トイレは利用可能です。

f:id:yukovelo:20210611155442j:plain:w300

 森の駅で5分ほど休憩したら、さらに登って、スカイラインの旧料金所跡を通過。残りは、約13km(長い。。。)

f:id:yukovelo:20210611155809j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611155815j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611155823j:plain:w300

 今日はピーカン(死語)で暑いですが、標高1500mを超えたあたりで、少し涼しくなってきました。

f:id:yukovelo:20210611160059j:plain:w300

 二合目、標高1600m*3。「気分爽快! 富士登山

f:id:yukovelo:20210611160216j:plain:w300

 三合目、標高2000m。「あわてずゆっくり」

f:id:yukovelo:20210611160301j:plain:w300

 四合目、標高2300m。「展望広場はもうすぐ」

f:id:yukovelo:20210611160347j:plain:w300

 そして、ようやく富士宮口五合目に到着。今日は晴れているので、展望広場からの景色が素晴らしいです*4。ちなみに、今回のライドでスカイラインに登ったので、過去に登ったスバルラインあざみラインと合わせて、富士山ヒルクライムの全ルートをSpeed Falcoで制覇*5

f:id:yukovelo:20210611160512j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210611160518j:plain:w300

 ここでも5分ほど休憩し、持参したプロテインバーを食べたら、いま登ってきた道を一気に下っていきます。直線部分が多く、スピードが出がちですが、太郎坊洞門あたりまでは路面のひび割れや穴がときどきあるので、スピードを抑え目に。

f:id:yukovelo:20210611160823j:plain:w300

 そのまま御殿場駅まで戻って、そこから輪行で帰りました*6

f:id:yukovelo:20210611161035j:plain:w300

 本日の走行距離は、75.62kmでした。なお、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:私は、基本的に「できるだけ人のいないところで過ごす」という方針です。

*2:登りでは大した問題にならないと思いますが、降るときは要注意。

*3:実際の標高は、標識に書かれた標高と若干異なるようですが。。。

*4:工事車両がたくさんあって、みんながよく写真を撮っている富士宮口の看板を見つけることはできませんでした。

*5:細かいことを言えば、滝沢林道などもありますが、あそこは(公的には)通行止めなので。

*6:新松田駅あたりまで降って帰ると、交通費が格段に安くなるのですが、標高1000m以下は非常に暑かったので、大人しく御殿場駅から輪行

奥日光ぶらり旅

 今日は、先日のThe PEAKSラウンド8の舞台にもなった奥日光を走ってきました*1。最近は、感染症対策の観点もあって、人も車も殆ど通らない平日の山によく行きます*2。実際、この日の奥日光(霧降高原〜金精峠)では、歩いている人を見たのは5回以下で、鹿や猿ばかりでした(笑)
 まずは、輪行東武日光駅まで移動。今日は、ほぼノンストップで走る予定なので、駅近くのコンビニで補給食を買っていきます。

f:id:yukovelo:20210604125707j:plain:w300

 補給食を買ったら、霧降大橋を渡って、霧降高原(1440m)を目指します。

f:id:yukovelo:20210604130206j:plain:w300

 以前Bromptonで霧降高原に登ったときは非常に疲れましたが、今日はSpeed Falcoなので問題なし。

f:id:yukovelo:20210604130654j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604130700j:plain:w300

 登り始めは、晴れていて暑かったです。しかし、頂上付近は、「霧降高原」という名前のとおり、霧が立ち込めていました。

f:id:yukovelo:20210604130935j:plain:w300

 高地は気温も低いので、ウィンドブレーカーを羽織って、北側に降っていきます。

f:id:yukovelo:20210604131256j:plain:w300

 このあたりに来ると、大笹牧場でアイスクリームを食べるのが定番ですが、降りで身体が冷えたこともあって、今回はパス。

f:id:yukovelo:20210604131627j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604131633j:plain:w300

 そのまま、日光栗山線を黒部ダムまで降ります。脳内に流れる中島みゆきの歌(笑)

f:id:yukovelo:20210604132053j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604132101j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604132110j:plain:w300

 黒部ダムを過ぎたら、鬼怒川沿いを西へ。このあたりにはコンビニがなく、ときどき見かける飲食店も閉まっています*3。特に何があるという訳ではないのですが、のどかな田舎を走り、橋やトンネルやスノーシェッドを抜けていくのは、とても気持ちがよいですね。

f:id:yukovelo:20210604133454j:plain:w300

 そうこうしているうちに、奥日光の最深部である川俣湖に到着。

f:id:yukovelo:20210604133618j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604133621j:plain:w300

 以下は、川俣大橋を渡ったところにあった標識。私は左に行くのですが、右は「全線未舗装路」。調べてみたら、福島県まで行けるロングダートで、川俣桧枝岐林道という道らしいです。

f:id:yukovelo:20210604134044j:plain:w300

 未舗装路が気にはなりますが、左の川俣温泉川治線に進んで、林道奥鬼怒線(山王林道)で山王峠(1739m)を目指します。

f:id:yukovelo:20210604134357j:plain:w300

 この林道は、一昨年の台風で大打撃を受け、長い間通行止めでした。現在は通行可能ですが、いたるところに台風の傷跡が残っており、工事車両なども停まっていました。

f:id:yukovelo:20210604134725j:plain:w300

 山王峠までの約16kmを登っていく途中、雨が降ってきました。。。防水・防寒・防風装備を持ってはいるものの、テンションがダダ下がり。。。とはいえ、雨の山に長居はしたくないので、粛々とクランクを回して、標高を稼いでいきます。

f:id:yukovelo:20210604135122j:plain:w300

 山王峠に到着*4

f:id:yukovelo:20210604135232j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604135245j:plain:w300

 ここも寒いので、滞在時間2分で南側に下山。ただでさえ路面が悪い上、雨で濡れているので、スピードを抑えめに。

f:id:yukovelo:20210604135647j:plain:w300

 国道120号まで降ったら、金精峠(1843m)に登り返します。さすがに、少し疲れてきましたが。。。(軟弱)

f:id:yukovelo:20210604135917j:plain:w300

 天気はイマイチ(小雨)ですが、景色は悪くないです。以下の写真、少しだけ渋峠っぽくないですか?(適当)

f:id:yukovelo:20210604140039j:plain:w300

 金精トンネルに到着。ここは、渋峠麦草峠に続いて、3番目に標高の高い国道です。

f:id:yukovelo:20210604141359j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604141409j:plain:w300

 このトンネルの向こうは群馬県で、The PEAKSのコースは白根温泉の方まで続いています。ただ、今日は天気も微妙ですし、群馬側に降りると帰りにくくなるので、国道120号を引き返し、戦場ヶ原を抜けて、中禅寺湖の方に降りていきます。余談ですが、今日は鹿が多い気がします。

f:id:yukovelo:20210604141741j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604141647j:plain:w300

 中禅寺湖まで来ると、さすがに歩いている人をちらほら見かけます。ただ、ここに用もないので、いろは坂日光市街まで一気に降っていきます。

f:id:yukovelo:20210604141917j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604141925j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210604141941j:plain:w300

 そして、そのまま輪行で帰りました。本日の走行距離は、118.38kmでした。(ほぼ)ノンストップの山岳ライドも良いですね。なお、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:The PEAKSのコースを全て走ると疲労困憊する上、同じ道を往復するのは退屈なので、一部のみ。

*2:感染症対策については、様々な考え方や感情があると思いますが、私個人としては、自転車に乗っていようと乗っていまいと、都内であろうと他県であろうと、他人と極力接しないことを重視しています(コロナ以前から、人のいない場所や時間をソロで走るのが好きですが)

*3:それを知っていたので、出発前にパンやプロテインバーを買ってきました。

*4:実際の峠は、ここから山道を300mほど行ったところにあります。

ふじあざみライン〜籠坂峠〜山中湖ぶらり旅

 今日は、最近開通になったあざみラインをSpeed Falcoで登ってきました。昨年はずっと閉鎖されていたので、待望の開通です。今回は大人しく御殿場まで輪行*1、登り基調の12kmを走って、道の駅すばしりへ。

f:id:yukovelo:20210515092926j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515092934j:plain:w300

 そのまま、あざみラインに突撃。あざみラインは、距離11.5km、平均勾配10%、最大勾配22%という鬼畜峠。いざゆかん、死出の道(白目) まずは、見た目は3%くらいの勾配なのに、実際は7〜12%くらいの直線が続く区間。道の両脇に自衛隊の演習場があるため、そこかしこから、「パン、パン、パン」と銃声が聴こえてきます(笑)

f:id:yukovelo:20210515093241j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515093245j:plain:w300

 直線区間ではなるべく脚を温存しつつ、鳥の壁画を通過。ここから少し斜度が緩むので、さらに脚を温存(馬返しまでは絶対に踏まない、という弱者の兵法/笑)

f:id:yukovelo:20210515093759j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515093804j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515093809j:plain:w300

 中盤の馬返しの直前、一気に斜度がきつくなる工事現場の入口で車両の出入りがあった関係で、予想外のスプリントを強いられましたが*2、それほど脚を削られることもなく、馬返しを通過。

f:id:yukovelo:20210515094136j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515094138j:plain:w300

 ここからしばらくが最大の難所。インナーローに落とし、歩くのと大差ないスピード(苦笑)で、じりじりと前進*3

f:id:yukovelo:20210515094359j:plain:w300

 そこから先はあまり記憶がないのですが(おい)、激坂区間を何とかやり過ごし、斜度が緩む区間や短い下りで最大限に休むということを繰り返し、どんどん標高を上げていきます。そして、1500mを超えたあたり(?)で霧が発生。

f:id:yukovelo:20210515094541j:plain:w300

 標高2000mに達したところでゴール。疲労困憊で、残りのHPは1です。。。

f:id:yukovelo:20210515094752j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515094759j:plain:w300

 菊屋さんで、名物のしいたけ茶を頂き、コケモモアイスを食べました。疲れた身体に沁み渡ります。

f:id:yukovelo:20210515094934j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515094938j:plain:w300

 何となく記念撮影。

f:id:yukovelo:20210515095047j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515095054j:plain:w300

 気温が下がり、霧も濃くなってきたので、ウィンドブレーカーを羽織り、ライトをつけて下山。自転車関係のブログに「あざみラインの下りが怖い」と書いてあるのをよく見かけますが、Speed FalcoにつけたXTのブレーキが超絶優秀なので、特に問題なし*4。あっという間に道の駅すばしりまで戻り、軽く水分補給をしたら、そこから籠坂峠へ。距離にして5kmほど、勾配も4〜5%ほどなので、「ほぼ平地」と言ってもよいでしょう(あざみラインで斜度感覚が狂った人の戯言)

f:id:yukovelo:20210515095738j:plain:w300

 峠を越えたら、一気に山中湖まで下ります。

f:id:yukovelo:20210515095850j:plain:w300

 山中湖でSpeed Falcoの写真を撮っているからといって、別に某アウトドアアニメの聖地巡礼ではないですからね。。。その証拠に、アニメに出てくるSpeed Falcoとは似ても似つかない見た目ですから(フレーム以外全取っ替え/苦笑)

f:id:yukovelo:20210515100031j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515100037j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515100045j:plain:w300

 そろそろお腹が空いてきたのですが(このとき13時過ぎ)、今日は暑いので、山梨名物のほうとうという気分でもありません。そこで、忍野八海まで走って、池本茶屋の蕎麦を食べることに。山菜蕎麦と迷ったものの、冷やし月見とろろ蕎麦をチョイス。

f:id:yukovelo:20210515100608j:plain:w300

 現在の情勢で、いつもよりは人手が少ないので、忍野八海を少しだけ散歩(押し歩き)

f:id:yukovelo:20210515100714j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515100719j:plain:w300

 そのあとは、何となく富士山駅の方に走り、道の駅富士吉田へ、、、行ってみたものの、特にしたいこともなく、そのまま撤退(安定のノープラン)

f:id:yukovelo:20210515100931j:plain:w300

 富士山駅から輪行すると交通費がかさむので、大月駅まで走り、駅前の桔梗屋東治郎信玄餅と信玄桃を買ってから輪行。本日の走行距離は、少し短めの83.91kmでした。

f:id:yukovelo:20210515101345j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210515101349j:plain:w300

 なお、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:2月に明神・三国峠を走ったとき駿河小山までの約100kmを自走しましたが、調子に乗って国道246号のアップダウンで踏んでしまったこともあり、激坂で結構足にきたので。。。(貧脚)

*2:峠の片側交互通行などもそうですが、前方で車が待っていてくれると、悪いと思って、ついつい踏んでしまいます。。。

*3:余談ですが、少し後ろにいたロードが、反対車線まで使って、横幅いっぱいの蛇行走行をしていましたが、、、あれはちょっと危ないなと思いました。

*4:制動力に優れるだけでなく、ブレーキレバーとの相性もあってか、引きが異様に軽いので、長い下りでも全然手が疲れません。

荒川CR〜小前田〜長瀞〜秩父ぶらり旅

 今日は天気が良かったので、CarryMeで、気ままに荒川の左岸を北上しました。

f:id:yukovelo:20210509120853j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509120901j:plain:w300

 榎本牧場より先の左岸を走ることはあまりないので、新鮮です*1

f:id:yukovelo:20210509121138j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509121143j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509121149j:plain:w300

 左岸の北端まで走ったら、いきなり未舗装になり、少し迷いました。。。Google Mapを見たら、迂回しにくい感じだったので、数百メートルのグラベルを押して突破しました(苦笑) そして、適当に国道140号に入って、今回の旅の一番の目的地である小前田駅*2。この駅を目指してきた理由は、一部で話題の(?)小前田選手権に参加してみたかったから(笑)

f:id:yukovelo:20210509121534j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509121541j:plain:w300

 昼食は、小前田駅から6kmほどの場所にある波久礼駅近くの焼肉たてがみ。ランチタイムということで(?)注文してから少し待ちましたが、これは非常に美味*3。皆さんも、小前田選手権のついでにどうぞ(笑)

f:id:yukovelo:20210509121924j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509121927j:plain:w300

 その後の予定はあまり考えていませんでしたが、CarryMeなので、塞神峠や釜伏峠に登るのは無理。。。素直に国道140号を進んで、長瀞方面へ。

f:id:yukovelo:20210509122117j:plain:w300

 せっかく長瀞まで来たので、石畳に寄っていきます。この景色にCarryMe、、、若干の違和感がありますね(笑)

f:id:yukovelo:20210509122214j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509122222j:plain:w300

 これで、私の観光欲(?)は、だいぶ満たされました。ただ、長瀞駅から輪行で帰ると交通費が高くつくので、西武秩父駅まで行くことにします。その途中、ほんの出来心で、林道蓑山線で美の山公園までヒルクライム

f:id:yukovelo:20210509122655j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509122704j:plain:w300

 距離6km、平均勾配5%、最大勾配11%、獲得標高392mなので、大したコースではないのですが、、、CarryMeだと結構しんどいです。。。何とか気合いで登頂。

f:id:yukovelo:20210509122735j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509122742j:plain:w300

 「はー、疲れた」と言いつつ、何を思ったか、羊山公園の見晴らしの丘にも登りました(意味不明)

f:id:yukovelo:20210509122839j:plain:w300

 いろいろ満足したので、そのあとは秩父駅の周りを少しぶらぶらして、地酒と地ビールを購入し、輪行で帰りました。

f:id:yukovelo:20210509123123j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509123128j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210509123135j:plain:w300

 本日の走行距離は、143.22kmでした。なお、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:熊谷方面に走るときは、荒サイではなく、国道17号を使うことが多いです。今回は、CarryMeなので、のんびりサイクリングロードを走ることを選びましたが。

*2:ここまでで95kmほど。やはり荒川沿いに来ると、走りやすいかわりに、距離が伸びますね。

*3:個人的には、お好みで山椒をかけて食べられるのがよいです。

天王洲アイルポタリング

 今日は、急な思いつきで、STRiDA天王洲アイルまで行ってきました。まずは、適当に国道15号を品川まで南下して、八ツ山橋で離脱。八ツ山通りをのんびりと天王洲方面へ*1

f:id:yukovelo:20210501200837j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501200844j:plain:w300

 天王洲に行く前に、いのパン店でランチを捕獲。オサレな店構えですが、リーズナブルな価格が嬉しいです。

f:id:yukovelo:20210501201326j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501201333j:plain:w300

 パンを購入したら、新東海橋を渡って、天王洲アイルへ。さすがアートの街だけあって(?)、早速大きな壁画が目に入ります。

f:id:yukovelo:20210501201613j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501201618j:plain:w300

 その壁画の真下には、SNSでよく見かける壁。ツートンカラーのSTRiDAは、こういうストリートアートによく似合います。

f:id:yukovelo:20210501201659j:plain:w300

 そのすぐ近くには、猫(?)のオブジェ。

f:id:yukovelo:20210501201804j:plain:w300

 その奥には、天王洲アイル第二水辺広場。ここのベンチで、さっき買ったパンを食べました。

f:id:yukovelo:20210501202002j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202015j:plain:w300

 これ以外にも、天王洲アイルでは、様々なアート作品と出会うことができます。以下は、その一部。

f:id:yukovelo:20210501202107j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202113j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202119j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202127j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202135j:plain:w300

 短時間・短距離ながら満足したので、都心を適当に抜けて帰りました*2

f:id:yukovelo:20210501202332j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202338j:plain:w300
f:id:yukovelo:20210501202346j:plain:w300

 STRiDAにはサイコンをつけていないので、正確な走行距離は不明ですが、恐らく40kmくらいだと思います。

*1:写真は、品川浦船溜まり鯨塚

*2:西から雨雲が迫っていたので、さっさと引き上げたのもあります。