ミニベロ迷走記

折りたたみ自転車に乗って、輪行やポタリング。さて、どこに向かっているのやら(笑)

群馬県紅葉ポタリング 2日目(高崎〜伊香保〜ヤセオネ峠〜榛名湖〜杖ノ神峠)

 昨日の続きです。今日は、ホテルの朝食をたっぷり食べてから、Google mapのルートを基本に伊香保温泉を目指します*1。最初は北陸新幹線沿いに北上し、途中から県道153号へ。正面に高い山々が見えてきて、「あれを自転車で登るのか、、、完全にどうかしている」と思いました(他人事のように/苦笑)

f:id:yukovelo:20201119224954j:plain:w300

 序盤は緩やかな登りがある程度ですが、次第に斜度が激しくなっていきます。。。*2 まあ、慣れているので、粛々と登っていたら、オサレなマダム達に「あら、こんなところを、あんな小さな自転車で」と言われました。。。まあ、慣れているので(以下略)

f:id:yukovelo:20201119225157j:plain:w300

 県道153号の突き当たり(?)から県道15号に入り、伊香保温泉に向けて、さらに登っていきます。せっせと坂を登りながら、「水沢うどん街」という標識を見て、「あー、水沢うどんをのんびり食べたい人生だった。。。」と思いました(笑)

f:id:yukovelo:20201119230446j:plain:w300

 冗談はさておき、この道は、めちゃくちゃ景色が良いです。昨日の妙義山に引き続き、群馬県のポタはいいですね!

f:id:yukovelo:20201119230929j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119230933j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119230936j:plain:w300

 道端に良さげな紅葉があったので、思わず停車してパシャ。

f:id:yukovelo:20201119232109j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119232113j:plain:w300

 ゆるゆると伊香保温泉に到着。急に観光客が増えてきました。なお、石段街で写真を撮ろうとしたら、完全に逆光でした。。。

f:id:yukovelo:20201119232458j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119232506j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119232508j:plain:w300

 ここで、目についたローソン渋川伊香保町店に入り、ミルクティを補給。なぜ、湯の花饅頭を買わなかったのでしょうか。。。 (買おうと思っていたのに、忘れました)

f:id:yukovelo:20201119232847j:plain:w300

 ミルクティを飲んだら伊香保を出発し、ヤネオネ峠を目指して、さらに登っていきます*3。同じ榛名山でも、ハルヒルコースよりも勾配が一定で登りやすいです。頂上に着く前に、楽しみにしていた高根展望台で記念撮影。

f:id:yukovelo:20201119234108j:plain:w300

 そのままヤネオネ峠の頂上まで。ここは頭文字Dの聖地のようです(よく知りません/苦笑)

f:id:yukovelo:20201119235253j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119235207j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119235217j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201119235225j:plain:w300

 ヤネオネ峠から少し降って、榛名湖に到着。ここは、いつ来ても良いところですね*4

f:id:yukovelo:20201119235559j:plain:w300

 実は、榛名湖で、地元のアガスティーアさん(@who_sang)と待ち合わせをしていました(初対面) DAHONやMASIのミニベロも持っている方ですが、今日はグラベルロードで登場*5

f:id:yukovelo:20201120000657j:plain:w300

 急遽お会いすることになったので(というか、今回の群馬遠征自体が出発前日の午後に決めたものなので)、完全にノープラン。「とりあえず、榛名湖一周でもしますか?」みたいな案もあったのですが、すぐ近くにある杖ノ神峠に行ってみることになりました。アガスティーアさんが「グラベルだと思って、さっき少し見てきたら、全然グラベルじゃなかったんですよー」と仰るので、深く考えずに「じゃあ、行ってみましょう!」と返事(笑) 登り始めると、なかなかエモい林道じゃないですか。

f:id:yukovelo:20201120001131j:plain:w300

 賢明な読者様であれば、このあとの展開はお分かりですね? 「グラベルだと思って、さっき少し見てきたら、全然グラベルじゃなかった」というのは、「林道の入口が舗装されていた」と言っているだけで、「最後まで舗装されている」ことを保証してはいません(笑) まあ、途中からグラベルになりますよね。。。しかも、結構大きい石が落ちていたり、落ち葉で路面がよく見えなかったり。

f:id:yukovelo:20201120001425j:plain:w300

 子供の頃にMTBに乗っていたこともあるので、落車の心配はそれほどしていなかったのですが(登りはスピードも出ないですし)、パンクが少し心配でした。。。*6 大した長さではないと分かっていたので、厳しい区間は押して通り、何とか頂上に到達。錆びついた標識が渋いですね。

f:id:yukovelo:20201120001647j:plain:w300
f:id:yukovelo:20201120001845j:plain:w300

 登り切ったら、いま来た道を榛名湖まで戻ります。そこで「ランチ、どうします?」となり、少し協議した結果、ヤセオネ峠を降って、伊香保水沢うどんを食べることに。そうです、先ほど食べ損なった(?)水沢うどんです。15kmほど降るだけなので、当然自走しようと思ったのですが、何と車で運んで頂くという展開に(どうもありがとうございます!)

f:id:yukovelo:20201120002342j:plain:w300

 どのお店がいいのか私には分かりませんでしたが(調べてきている訳がない/笑)、アガスティーアさんオススメの丹次亭に連れて行ってもらいました。天ざるうどんを注文。念願の水沢うどん、とても美味しかったです!

f:id:yukovelo:20201120002624j:plain:w300

 そのあとは、高崎駅まで一本で戻れる県道25号沿いまで車で送って頂き、そこから高崎駅近くのホテルまで自走*7。本日の走行距離は、63.36kmでした*8。ちなみに、今回の旅にあたって、特に参考になったウェブサイトは、以下のとおりです。

*1:Google mapは、ときどき不可解なルートを示してくるので、そのあたりは臨機応変に。

*2:しかも、ちょくちょく短い下りが入るので、なかなか標高を稼げません。

*3:「ヤネオネ」って、どういう意味なんでしょうか? ヤビツみたいに、漢字があったりするのでしょうか??

*4:写真はないのですが(汗)、綺麗な逆さ富士も見られました。

*5:以下の写真は、アガスティーアさんが撮影されたものです。

*6:替えのチューブもタイヤレバーもポンプも持っていますが。

*7:ちょっと夕方から仕事があったので、明るいうちにホテルに戻る必要がありました。そして、高崎にもう一泊して、次の日に東京まで自走で帰りました(この日はそんなに面白くないので、ブログ記事にはしません)

*8:車で移動した距離は、含んでいません。